いろいろある浄水器のタイプ

多くの家庭で使われている浄水器は水道水に含まれる残留塩素などの物質を除き安全でおいしい水を作るために設置するものです。

日本の水道水は比較的安全なものですが水道水に含まれる物質には発がん性物質を含む懸念もあり使われることが多くなりました。浄水器には厚生労働省や日本工業規格などで企画が定められています。活性炭が残留塩素やカルキ臭、有害物質を取り除きろか膜で細菌やかび類、赤さびなどを取り除く働きがあります。水道水をおいしく安全な水にすることができます。流入側につけるタイプ、流出側につけるタイプ、給水栓と直接つながらないタイプのものの3種類にわけられます。

用途により選ぶことができますが一般家庭で簡単に取り付けられ安価なタイプは蛇口の先端に付ける蛇口直結型ですが除去能力が低いことが難点です。水栓に浄水器カートリッジが組み込まれたタイプや据え置き式や壁掛けタイプ、工事が必要になりますがキッチンのシンク下に取り付けるビルトイン型、自由に持ち運びが可能なポット型タイプなどがあります。ビルトイン型はフィルタを大きくすることができるため交換の間隔を減らすことができます。

浄水器を通した水は早めに使い朝一番最初の浄水は放水してから使うようにします。安心な水を使うためにはカートリッジは表示された期間内に交換するようにします。一般的な浄水器はホームセンターや家電量販店で購入できますが訪問販売などでは悪徳商法と呼ばれるものもあり高額なものがあるので注意する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *