浄水器の種類と利用法

浄水器にはいろいろな種類が有ります。

一般的なものは水道の蛇口に取り付けるタイプで、常に蛇口からきれいな水が出るので非常に使いやすいものです。しかし、このタイプには意外な落とし穴も有ります。まず、常に常に浄水機能を働かせていることが多い為カートリッジの消耗が激しい点です。製品により異なりますが概ね2か月ないし3か月程度でその効果は無くなってしまいます。しかもそのまま使い続けるとカートリッジに付着した雑菌が逆に流れ出てしまうという逆効果も現れ、定期的に交換しないといけません。

大抵のものは浄水器を通さないように切り替えられるようになっていますが、それでは意味が無いので定期的に交換することになります。さらに、そのカートリッジが比較的高額なため浄水器の維持費が結構掛かります。しかし、常に清潔で美味しい水が蛇口をひねれば出るというのは嬉しいものです。一方、最近よく目にするのがボトル型の浄水器です。

これはどちらかというと水から雑菌を除去するというよりは水にミネラルを付加するといった性質のもので、ボトル型のため冷蔵庫で冷やして置けるのが魅力です。自宅で簡単にミネラルウォーターが作れるのでお米を炊いたり、料理に使用するときには非常に重宝するものです。しかし水道の蛇口に付けるものに比べ雑菌を除去する効果は少ないので、併用する家庭も増えています。このように浄水器にはそれぞれの特徴があります。この特徴を理解して上手に使い分けることで毎日が快適になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *