セントラル浄水器について

一般的に広く用いられる浄水器は、蛇口に付けるタイプですが、それ以外でも高性能な商品があります。

それがセントラル浄水器です。セントラル型は、水道メーターの後ろにある水道配管を分岐して浄水装置を取り付けます。家で使用する水道の元の部分に設置するので、水道水はら塩素やトリハロメタンをろ過します。蛇口型の浄水器では、定期的にカートリッジを交換しなければなりません。さらに浄水能力は1分間に2リットルほどしかありません。

家庭で野菜を洗うときに1分間で5リットルの水を使うとされるため、蛇口型では浄水が追いつけません。蛇口型を使っても、1日にバケツ1杯ほどの浄水しかできません。一方セントラル型は1日1300リットル浄水します。これは大きめの浴槽6杯程度で、高い浄水機能を持っています。カートリッジは1年間持つので、頻繁に交換するストレスも感じません。セントラル型でろ過された水は、どの蛇口からでも勢いも良いのが特徴です。

きれいな水はご飯を美味しくする効果もあり、洗濯物の汚れ落ちも優れています。お米や野菜を洗う際に、健康や美容に大切なビタミンを有害物質が破壊するのを防ぎます。お風呂のシャワーの水もセントラル型によって安全になるので、肌に優しいです。特に女性や乾燥肌、アトピー性皮膚炎の人に適しています。ろ過されていない水は塩素が肌を刺激して保水力や保湿力に悪影響を与えます。セントラル型の水は、敏感な肌を刺激しません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *