浄水器の種類、メリットとデメリット

水道水には塩素が使われているので、味はもちろんですが安全面でもいろいろ心配な事も多いと考える方も少なくないですよね。

そこで浄水器を使えば、家庭で手軽に安心して美味しい水を飲む事が出来ますよね。しかし、大きさや機能から価格も様々ですから、ここでは代表的な種類や使い勝手について少し紹介させていただこうと思います。まずは蛇口直結型、蛇口に直接取り付けるタイプで一般的に一番多く使われている浄水器のがこのタイプで手軽で安価なことが魅力ですがカートリッジが小さいのでマメな交換が必要となります。

続いては据え置き型、シンクトップ型とも呼ばれていてシンクに直接設置して使用しますから設置スペースの確保が必要になりますがフィルターが大きめで長持ちしますし、ろ過機能も高性能ですが価格は高価な物が多いです。そして、アンダーシンク型はシステムキッチンなどには備え付けてある事もありますが、後付けの際には流し台の下に設置するので工事が必要となりますが邪魔にならずスッキリ置ける浄水器です。

その他にもポットの中にカートリッジを組み込んであり、水道水を注ぐだけで浄化できますが浄化機能は高くはなく、一度にろ過出来る水量が決まっている上に時間がかかってしまういますが手軽で持ち運びもできるので便利なポット型などもあります。これらが浄水器の代表的な種類なので毎日、美味しい水を飲みたいとお考えの方は予算やライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *