浄水器の種類と特徴について

多くの人が知っている浄水器は、蛇口直結型です。

コンパクトで取り付けが容易なので、購入してすぐに利用できます。本体価格が、他の浄水器と比べて安いので、多くの家庭で家事に活用されています。普通の水道の蛇口から出る水を安全にするので、妊娠中などでペットボトルの水を持ち運びが難しい場合に便利です。

コストは水道代と本体、カートリッジ代だけなので、維持しやすいです。しかしカートリッジが小さいので、頻繁に交換する必要があります。製品によっては性能がそれほど高くなく、不純物を除去しきれない場合があります。

次に、本格的に水をきれいにするのが、据え置き型の浄水器です。キッチンのシンクの上に設置して、水道水から曳いた水をろ過します。本体が大きいのでカートリッジの寿命が長く、交換する手間を省きます。

設置するためには取り付けられる蛇口が指定されていますが、工事をしなくても設置可能です。またろ過する働きだけでなく、水の美味しさを追及しています。お米を炊くのに適した軟水を生成するものや、体に良いアルカリイオン水のものなど高性能の製品が販売されています。

多くの有害物質を除去できますが、やや値段が高いです。そして、水差しの形をした容器にカートリッジを装着することできれいな水を供給するのがポット型浄水器です。使い方が簡単で、値段も安いです。しかしきれいになる水はポット内の水だけで、大量にろ過したい場合には向いていません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *