浄水器比較のポイントとは?

浄水器の比較では、コストパフォーマンスの高さに注目することが大切です。

一見、とても安くてお得に見えるものでも、浄水能力が低くて高い効果を期待することができないものもあります。そのためコストの安さを優先するのか、浄水能力を優先するのかを決めつつも、バランスの取れたものを選ぶことがおすすめです。浄水器の種類は主に蛇口取り付けタイプと据え置きタイプ、ポットタイプなどに分けることができます。それぞれ一長一短がありますが、どの浄水器もそこに取り付けられるカートリッジの種類が性能を決定することになります。

また使いやすさという点での比較も大切です。たとえば蛇口取り付けタイプは、蛇口から水を出せば自動的に浄水器の中を通って綺麗な水が出すことができるのでとても便利です。しかし、蛇口のタイプや位置によってはうまく取り付けることができない場合もあるので、自分の家の蛇口がどのような種類のものなのか、位置的には問題はないのかを確認する必要があります。ポットタイプは手軽さで一番人気となっています。

プラスチックのポットの中にカートリッジを入れて使いますが、水道水をポットの中に注げば、そのカートリッジを通って綺麗な水が底にたまるような仕組みになっています。使いやすさという点では、蛇口取り付けタイプ以上かもしれません。ただカートリッジの性能が若干低い傾向があります。自分が浄水器に求めるものを比較し、ベストな商品を選びたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *