脱毛をすることに注意しておくこと

昔のバブル期と比較すると、今では脱毛サロンがどこにでもありリーズナブルな価格で学生でも気軽に通えるというイメージがついてきました。

しかし気軽さがあるからこそ、脱毛時の注意点や予備知識がない状態で施術を受けて、肌トラブルを招いてしまうケースが多々あります。

少なくとも知っておくべきことや自分の肌を守るために気をつけておかなければいけないことは、事前カウンセリングなどで説明されるのでしっかり確認しておきましょう。まず、生理中や授乳中、妊娠期間は施術を受けることができません、なぜなら、こうした状態のときは肌が非常に敏感になっているため、光や熱を肌に照射すると傷みやすく危険な可能性があるからです。



特に生理中や授乳中などの個人の状態は見た目ではわからないため、自分自身で判断するしかありません。

肌状態においても、ニキビや吹き出物、あざがある部位は施術することができません。

しかし、傷やニキビの治りかけて黒ずみが薄くなっているなどの場合は事前に部位を見せて、照射できるかどうか相談してみましょう。


脱毛後においても注意が必要です。



施術を受けた後の肌は非常に乾燥しやすくなっているため、いつもよりも丁寧に毎日の保湿が大切になります。



保湿だけでなく、紫外線対策も時期関係なく行うべきなので、外出するときには日焼け止めを欠かさず塗るようにしましょう。少しの予備知識や注意点を踏まえ、自分の肌を大切にしながら美しくなることを目指しましょう。