エステやクリニックの脱毛施術に伴う痛みの度合とは?

美を意識する上で日頃のケアを欠かしたくないのがムダ毛の処理です。
しかし忙しい暮らしの中、これらを自己脱毛で済ませるのは大変なもの。そんな煩わしさを払拭する上でもエステやクリニックを使って手軽に脱毛するのが一番です。
ただしエステやクリニックでの脱毛施術には痛みがつきものです。

その痛みのレベルや度合は施術方法によって様々です。



例えばエステのワックス施術では布に付着させて一気に引き抜く時には肌に引きちぎられるような痛みが生じます。

またジェルを毛穴に浸透させて毛根に直接触れる手法ではチリチリと焼けるような感触があります。



その一方、レーザーやフラッシュを使った人気のある脱毛施術ではその痛みも強いものとなります。

照射によって毛根のメラニン色素と反応すると瞬間的に温度を高めて破裂音と共に組織が皮膚の内部で弾けとびます。
この時の衝撃によって痛みが生じますが、その度合を表現するとすれば輪ゴムをパチンと弾いたような感じといえるでしょう。

これがクリニックにおける医療レーザーになるとその出力がさらに大きなものとなりますので、痛みも強いものになることが予想されます。

また、微量の電流を帯びたニードルを毛穴に刺して毛根を破壊する施術だと、針を刺すたびに間断なくチクチクする痛みが続きます。
以上のように脱毛施術には様々なタイプの痛みがつきものですが、これらは患部をこまめに冷やしたり、鎮痛クリームを塗ることで緩和することも可能です。

我慢せずにスタッフや医師にきちんと要望を伝えることで痛みに関する不安や緊張、ストレスを解消することも可能なのです。